現金化の換金率が下がる理由は手数料?と消費税?

現金化の換金率が下がる理由は手数料?と消費税?

 

皆さん、こんにちは。
今まで現金化業者を20社以上比較してきた「モモニョ」と申します。

 

突然ですが、クレジットカード現金化を利用して換金率が低いって思ったことはありませんか?
クレジットカード現金化を利用すると換金率が下がるという事は現金化業界では有名なお話であります。

 

なぜこの換金率は下がってしまうのか?と疑問に思う方も多いかもしれません。
では、その内訳をご説明いたしましょう。

 

 

換金率の下がる手数料と消費税の内訳

 

実はクレジットカード現金化を利用した時、換金率が下がる理由は手数料消費税が作用しているという事をご存知でしたか?

 

その為現金化業界では90%を超える換金率は適用されないといわれています。

 

話を聞いた事がある方もいるかも知れませんが、どの様に作用しているのかを知っている方は少ないと思います。
では消費税と手数料が換金率に及ぼす影響を分りやすく解説していきたいと思います。

 

消費税と引かれる数値

 

では消費税と手数料はどの様に引かれるのでしょうか?
換金率が下がる公式は基本的には以下のようになります。

換金率-消費税8%+手数料=[振り込まれる換金率]

このような原理で換金率は下がっていくようになっています。

 

しかしこれではキャンペーンなどが適用されると、90%台の換金率が適用されてもおかしくありません。
ここでもう1つの要因の手数料で下がる数値を見ていきましょう。

 

手数料で引かれる数値

 

現金化を利用した時に消費税が適用される事は分りましたが、これではまだ実際に適用される換金率よりも低い換金率での現金化となってしまいます。

 

そこで適用されるのが、手数料です。
手数料は消費税とは違い数値が固定化されていません。

 

そのため現金化業者によって手数料は大きく変わってきてしまいます。

 

例えば最高換金率98%の現金化業者で、最高換金率が適用されたとします。
消費税で8%が差し引かれる事は確定していますのでこの時点での換金率が90%という計算になります。

 

そこから手数料が差し引かれるのですが、ここで現金化業界の平均換金率を見てみましょう。

 

現金化業界の平均換金率は75%と言われています。

 

つまり75%の換金率にするには

98%-8%(消費税)=90%-15%(手数料)=75%(適用される換金率)

という公式が成り立ちます。

 

えっ!手数料で15%も取られるの?

 

と思う方もいるかもしれませんが、これはあくまでも平均の換金率での現金化を行った場合の手数料となっています。
その為、現金化業者によっては手数料がもっと変わってきます。

 

例えば手数料が10%の現金化業者であれば換金率は80%になります。
もっと手数料が低くなれば換金率は82%や85%なんて数字にも届くようになるという訳なのです。

 

つまり現金化業者の換金率は現金化業者の手数料によって左右されているといっても過言ではありません。

 

現金化業者の手数料は下がるのか?

 

換金率が下がる理由、理解していただけましたか?

 

もしも、現金化業者の手数料を0%にしたら90%台の換金率で現金化が可能なのか?といわれれば、可能です。
しかし、この手数料というものは現金化業者の純粋な利益になる物です。

 

会社の運営に関わるものなので、現金化業者からすればそう簡単には0%にはできませんが下げる事は可能なものという認識になる訳です。
そのため、換金率は利用する現金化業者によって前後したり、リピーターや新規利用者で違ったりしてくるという事になるんです。

 

以上の事から、換金率の高い現金化業者は『手数料が低い業者』という事になる訳なのです。
皆さんも手数料の低い現金化業者、もとい換金率の高い現金化業者を見つけれる事を祈っております。

 

TOPページでは、私が調査した換金率の高い現金化業者の詳細を公開していますので、気になる方はぜひ来てくださいね!

 

スピードクレジットでする現金化の換金率・口コミ評判の実態を徹底比較のTOPへ戻る