クレジットカード現金化の法律問題はどうなっているのか?

クレジットカード現金化の法律問題はどうなっているのか?

 

皆さんこんにちは!
今まで現金化業者を20社以上比較してきた「モモニョ」と申します。

 

今回はクレジットカード現金化は法律に違反しているのか、いないのか?という事について調査していきたいと思います。
クレジットカード現金化と法律についての関係性調査してみたところ、なかなか複雑な状況になっている事が分り私も驚いてしまいました。

 

いっぺんに説明すると混乱してしまうデリケートな問題なので

  1. 法律と現金化業者の関係性
  2. 法律から見たクレジットカード現金化
  3. 現金化を利用して逮捕されるのか?

という順番でご説明させていただきます!

 

 

法律と現金化業者の関係性

 

お金にまつわるサービスには法律の問題が欠かせませんよね。
では、クレジットカード現金化と法律の関係性はどのようになっているのでしょうか?

 

やっぱりお金を受け渡すサービスを行っているから、貸金法と思っている方は多いかもしれません。

 

これは現金化サービスを利用してる方の多くが勘違いをされているのですが、クレジットカード現金化業者は貸金業では無いのです。
私も最初は間違えていたのですが、クレジットカード現金化業者は古物営業なので適用されるのは『古物営業法』となります。

 

古物営業というのは、中古ショップやリサイクルショップなどの商売方法を指しているのですが、この営業方法に適用されるのはどの様な法律の内容はどの様な物かというと以下のようになります。

 

この法律において「古物営業」とは、次に掲げる営業をいう。古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業であつて、古物を売却すること又は自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行うもの以外のもの

 

というようなサービスとなっています。

 

簡単に説明すれば、中古品を扱った売買を行う場合に適用される物に該当されています。

 

その為、クレジットカード現金化業者はこの古物営業にのっとりサービスを行っているという事になるのです。
この法律には『クレジットカード現金化』を違法だといっている項目はありませんでした。

 

ここで驚いたのは、古物営業どころかクレジットカード現金化に対して適用される法律が存在していないという事でした。

 

法律から見たクレジットカード現金化

 

調査をしていて本当に驚いたのはクレジットカード現金化に適用される法律がないという事です。

 

つまり、クレジットカード現金化というサービスを裁く法律自体が存在していないという事になります。
この理由はいくつか存在しているのですが、その中でも有力な情報が『明確な意思で行われるクレジットカード現金化』が判断ができないという理由です。

 

クレジットカード現金化とは誰しもが『現金化をしよう!』と思って行っている行為ではありません。
例えば、欲しい服をカードで購入したはいいがサイズが合ってないなどの理由で古着屋に売ったとします。

 

これも立派な『クレジットカード現金化』という行為になるので、もしもクレジットカード現金化を違法とした場合は当然違法の行為とされてしまいます。
このような問題から、クレジットカード現金化に対する法律が存在していないといわれています。

 

しかし、クレジットカード会社の規約では禁止されていますのでカード会社にバレた場合はクレジットカードの利用停止に繋がってしまいます。

 

そのため、クレジットカード現金化はグレーなサービスと言われていると言われている訳です。
法律から見たクレジットカード現金化というサービスはなかなか扱いに困るサービスという訳ですね。

 

現金化を利用して逮捕されるのか?

 

いくら違法ではないと言っても実際問題でクレジットカード現金化業者が過去に何人か逮捕されているという事実は過去に数件発生しています。
このような事件を見ると、現金化を利用しているだけで逮捕される可能性はあるのではないか?と疑問に思ってしまいますよね?

 

しかしその心配はありません。
現金化利用者が逮捕された事はまだ1度もないからです。

 

もしも現金化利用者が逮捕される可能性があるのであれば既に逮捕されていてもおかしくありません。

 

過去にクレジットカード現金化業者が逮捕された時の理由は全て『古物営業法違法』によるもので『クレジットカード現金化』という行為で逮捕された訳ではないからです。

 

逮捕された理由を詳しく説明しますと、クレジットカード現金化を行う際の商品の郵送をしていなかったため営業の方法が貸金業に該当するものとなってしまいました。
当然ではありますが『貸金業には貸金業の、古物営業法には古物営業法の資格』が必要になってきます。

 

他の畑で仕事をしてしまった為、逮捕されてしまったという事ですね。

 

クレジットカード現金化は違法ではない

 

以上の結果から、クレジットカード現金化というサービスは違法ではないという事がわかりました!

 

しかし、グレーゾーンなサービスなので「クレジットカード現金化やってるんだよね!」と声を大にして言わない方がいいサービスである事は確かです。
このサービスは、頻繁に使うサービスというよりは、本当に本当の最終手段という事ですね。

 

現金化は助けになる事もあれば、自分の首を絞めるサービスにもなりえるという事だけは覚えておきましょう。

 

スピードクレジットでする現金化の換金率・口コミ評判の実態を徹底比較のTOPへ戻る